2016/03/12

N1試験のノート(1)

もさることながら:(前者)就不用說了,更重要的是(後者)
例:学生街のレストランは味もさることながら、量が多いことが
第一条件だと言われる。

ならでは:就只有~才有的;非~不可
例:素足に浴衣は日本ならではの夏の風情だ。

はともかく(として):姑且不論
例:仕事の話ならともかく、勤務中におしゃべりしてはいけない。

といったら=~といえば、というと:一說起...那真是...
(單純地提起話題)
例:あの人の持っている本の数といったら、まるで本屋みたいだ。

ときたら:一說到...(語氣中帶有責難、不滿)
例:あの人の料理ときたら、下手でしょうがないだ。

に(は)当らない:不值得~;用不著~;還不到~的程度
例:大口の寄付をしても、節税のためなら(ば)、その行為は称賛に
はあたらない。

に過ぎない:只不過是~
例:若い頃の失恋は年をとって振り返れば、青春の一幕にすぎない。

あくまで(も):終究、到底;堅持到底、徹底
例:オシャレの意義は、あくまでも”自分自身の心を晴れやかに
すること”。”自分自身を勇気付けて、前向きに生きるための糧
(かて)”という考え方もある。
例:私はあくまでもこの方針を貫く(つらぬく)つもりだ。

からいうと:由...來說的話
例:本来のオリンピックの精神から言えば、プロの選手は参加
できないはずだ。

からといって:不能因為(前者)而說(後者)
例:いい車に乗っているからといって、必ずしもお金持ちだとは
限らない。