2016/07/31

上級で学ぶ日本語第8課ノート#1

1.V2+た~途端に:正當...的時候(沒想到)...
例:暑くなったとたん、クーラーの売れ行きがよくなった。
例:安売りの広告を出した途端、多くの客が殺到した。

2.~ところへ:ある階段における狀況を変化、変更させるような
出来事が起きることを表す場合に用いる
例:私は弁当を食べているところへ上司が来て、緊急の仕事を頼まれた。
例:ようやく実行する方向に意見がまとまったところへ思わぬ邪魔が
入った。

3.~はずがない/わけがない:沒有...的可能性
例:厳しい田中さんのことだから、その不正を許すはずがない
例:慎重なあの人に限って、そんなミスを犯すはずがない

4.~とばかりに:彷彿就好像...似的
例:父親が帰ると、待っていたとばかりに娘はおみやげをねだった。
例:食べ放題なのだから食べないと損だとばかりに、皿に山ほど
料理を取ってきた。

5.~ろくに~+否定句:沒有好好地...語氣多帶けいべつ
例:病気が悪化し、ろくに物も食べられなくなった
例:せっかく海に来たというのに、彼女はろくに泳ぎもしないで、
肌を焼いてばかりいた。