2016/08/06

上級で学ぶ日本語第8課ノート#2

.1.~に至るまで:演變到...
例:結婚を控え(結婚在即)家具はもちろん、皿やスブーンに至るまで新しい
のを買い揃えた。
例:この本には、この会社が日本のトップ企業なる至った社史が書かれている。

2.~ことはない:その必要は全くないという気持ちを表す
例:断ることはないね。その仕事、引き受けなさい。
例:息子はもう大人なのだから、親が心配することはない

3.~ものか:有輕視、不屑、反駁的語氣
例:俺にもやらせろよ(也讓我來吧)。お前なんかにできるもんか(就憑你行嗎)。
例:私の本当の気持ちが、お前なんかに分かるものか

4.~なり~なり:看是要A或是B都可以(=Aでもいい、Bでもいい)
例:分からないことは、人に聞くなり、辞書を引くなりしてみてください。
例:時間に遅れる場合はメールなり、電話なりしてください。

5.~ではあるまいし:因為又不是...
例:テレビのドラマではあるまいし、現実にそんなラブストーリーがあるもんか。
例:南極へ行くんじゃあるまいし、そんなに厚着しなくても大丈夫だよ。

6.~をもって:以...的手段或方法(不用於具體的道具上)
例:彼は見事な処理能力をもって、今回の経営危機を乗り越えた。
例:試験の結果は、一週間後書面をもってお知らせします。
例:この紙を5枚ずつクリップで{をもって(X)}留めておいてください。

7.~はおろか:別說是...就連...也...,舉出難以想像的事物後,
再附加強調比前者更難以想像的事物,與「~どころか」意思相同
例:彼の給料では一戸建てはおろか、六畳の部屋さえも手に入れない。
例:急に夕立(午後雷陣雨)のために、靴はおろか、服までびしょぬれ
になってしまった。

8.~仮に~とする:假設是...
例:私の言葉が彼を傷つけたのだとしたら、本当に申し訳ないことをしたと思う。
例:世界一周するとすれば、最低200万円はかかるでしょう。