2016/08/27

上級で学ぶ日本語第8課ノート#3

1.~V2+たばかりに:話し方がその結果について喜べない時に使う
例:本当のことを言ったばかりに、彼を怒らせてしまった。
例:お金がないばかりに、いまだに一戸建ての家に住めないでいる。

2.~V2+かねない:有可能引起不好的情況
例:彼はお金がなくなれば、泥棒でもしかねない人だ。
例:私は忘れっぽいほう(我算是比較健忘的)なので、こんな所に
傘を置いておくと、帰りにまた忘れかねない

3.~N+あっての:唯有...才有...的存在
例:美しい自然あっての観光地なのに、山を崩してホテルを建てるなんて...
例:学生あっての大学です。学生が来なければいくらカリキュラムが
素晴らしくても意味がない。

4.~V2+こなす:自由に好きなように何かをすることができる
例:この仕事がやりこなせるかどうか、自信がない。
例:確かに黒という色は本来無難な色ではない。華やかで存在感の
ある色であり、その分、本当は着こなすのが難しいのだ。

5.~に反して:違背、背叛;與...相反
例:医者にしたいという両親の期待に反して(違背了父母期待將他
栽培成醫生的期待)、彼は俳優になった。
例:けさの天気予報では午後から晴れると言っていた。ところが、
予報に反して、雨が降り続いている。