2016/09/25

上級で学ぶ日本語第9課ノート

1.~や否や:才...就...
例:その薬を飲むや否や、急に眠気が襲ってきた。
例:人気グループのコンサートチケットは発表されるや否や、あっという間に
完売となってしまった。

2.~たる:である文語用法。大都接在表形態、身分、性別等名詞後面來加強說明。
處於...的立場;作為一個...身分的人
例:一国の首相たる者は軽々しく発言してはいけない。
例:学生の気持ちを理解しようとしない人間には教育者たる資格はない。

3.~と相まって:相輔相成、相得益彰、相互影響
例:味付けの見事さが盛り付けの素晴らしさと相まって、感動的な料理が生まれた。
例:彼女は離婚後、知性と美貌とが相まって、すばらしい女優となった。

4.~たりとも:就連一丁點也...
例:水不足のこの夏、一滴たりともむだに出来ない。
例:猫の子一匹たりとも、ここを通らせないぞ。

5.~をもとにして:以...為根據、參考、基礎
例:禅宗はダルマの禅をもとにして発展したものです。
例:論語は孔子の教えをもとにして書かれたもどです。

6.~のみならず:不僅是...
例:現在日本のコンビニは若者のみならず、あらゆる世代の人々に様々な目的で
利用されている。
例:信頼される上司とは能力が高く経験が豊富であるのみならず、部下の意見に
耳を傾けることもできる。

7.~にわたる:歷經
例:今度の会議は6日間にわたって、行われる。
例:来月はいよいよ国へ帰ることとなった。おとといの春からだから、足かけ3年
にわたる留学生活だった。

8.~V4+べく:為了...想要...(相當於ために所以後面通常接他動詞)
例:自転車による事故を減らすべく、広報活動を強化することになった。
例:島の生活環境を改善するべく、島民は様々な取り組みをしている。

9.~うにも~ない:即使想要...也無法...
例:論文がまだ完成しないので、遊びに行こうにも行けない
例:成績が悪いので、奨学金に応募しようにも応募できない

10.~所狭しと:擁擠地
例:いろいろな屋台が神社や寺の境内に所狭しと並んでいる。
例:学生たちは教室の中に所狭しと肩と肩を合わせながら座っている。

11.~反面:另一面
例:彼はおとなしい反面、自分の意見ははっきり言う。
例:東京は世界で一番物価が高くて暮しにくいと言われる反面、犯罪は少ないし、
何でもあるので、とても暮しやすいとも言えます。

12.~にせよ(にしろ):即使是...
例:何をするにしろ、事前によく調べたほうがいい。
例:いずれにせよ、お前が悪い。(反正、總之、不管怎樣,就是你不對)