2016/10/31

上級で学ぶ日本語第12課ノート#1

1.~たかが / たかだか:頂多、充其量...表示很低的評價
例:たかが数百円の金、催促するのも面倒だ。
例:語学というものは、たかだか研究のための手段として、
習うにすぎないのである。

2.~N+ごとき
(a).於同類事物中舉出一例來做說明(文言的說法)
例:キャベツ、ピーマンのごときのものを野菜と言う。
(b).接在名詞之後,表示...無價值的意思(帶有輕蔑的語氣)
例:おまえごとき者に負けるような俺ではないぞ。
(我才不是會輸給像你這種貨色的人)

3.~ない(もの)でもない:状況によっては~かもしれない
例:会社をやめたいというあなたの気持ちはわからないもの
でもないが、無断で仕事を休むのはよくないと思う。
例:条件によっては、この仕事を引き受けないものでもない

4.~いったん:一旦...
例:彼女はおしゃべりな人で、いったん話し出すと止まらない。
例:いったんこんなゆとりのある生活に慣れてしまったら、
もう以前のような忙しい生活には戻れない。

5.~V2た+ところで:即便...也(沒用)
例:いくら謝ったところで、彼女との関係は元には戻らないと思う。
例:大学に入ったところで、勉強しなければ時間とお金の無駄だ。