2016/11/05

上級で学ぶ日本語第12課ノート#2

1.~であれ:たとえ~でも、それに関係ない、影響されない
例:理由が何であれ、無断欠席は許されない。
例:貧乏であれ、金持ちであれ、彼に対する気持ちは変わらない。

2.~を強いる:強迫 / 硬是 / 勉強...
例:毎日過酷な仕事を強いられた結果、体を壊した。
例:人に物事を強いるのはよくない。

3.~V1+んがために:為了想...。(~を目的とする)(~をしたいため)
例:昇進せんがために、上司にゴマをすっている。(為了升遷而拍上司馬屁)
例:国会で法案を通さんがため、首相は根回し工作を開始した。
(根回し:為達到某種目的所做的事先溝通、疏通)

4.~V1+ざるをえない:不得不(沒有其他的選擇性)
例:家事は苦手だが、一人暮らしを始めたら、全部自分でやらざるをえない
例:台風接近のため、野外コンサートは中止せざるを得なくなった

5.~に+かかわらず:不拘
例:このクラブは年齢や社会的地位にかかわらず、どなたでも参加できます。
例:金額の多少にかかわらず、寄付をしていただけるとありがたいです。

6.~V4+わけにはいかない
例:明日は朝一で会議があるので、寝坊するわけには行かない
例:駐車違反をしてしまったので、罰金を払わないわけにはいかない